タオの聖なる山

古代中国では、シャーマンが、ヨガ、瞑想、黙想、

自然と宇宙の観察などに没頭するために、

雲に覆われた神聖な深山に住んでいた。
彼らは自然を崇拝し、練習を通して自然と宇宙の根源に繋がることを認識した。
この神聖な根源を何と呼ぶのかは定かではないが、彼らは単に「道」と呼んでいた。

山中のシャーマンは、薬草学・天文学・予言・占星術・風水・魔術・ヨガ・呼吸法・

瞑想等のようなヒーリングアートを幅広く練習した。
努力と練習を通して、彼らは天と地が結ばれ、
偉大なタオと共にひとつになるように励んだ。